多聞内神道HOME   →    長尾豊喜 多聞内神道 道長 大分講演 2009年9月9日 主催NPO法人きらめっきー

   内閣府認証法人 多聞内神道 道長 講演 は NPO法人 きらめっきー の 主催で 行われました


主催; NPO法人きらめっきー(医療法人大久保病院が母体組織(院長;大久保健作医師))

後援; 大分県、豊後竹田市、大分県教育委員会

場所; 竹田市体育センター

参加; 子どもからお年寄りまでということで、自由参加

人数; 約200名 が集まりました


    NPO法人きらめっきー主催公開講座風景 

                                  映像; 推手を体験する参加者


     NPO法人きらめっきー主催公開講座風景

                           映像; 椿法の指導を受ける参加者 


 楊式太極拳の効果を、医療現場の立場から、NPO法人を通して広く公開する趣旨で開かれました。

  具体的には、以下の効果をうたっております。

 @楊式太極拳で、本来あるべきバランスのとれた健康的な身体へと変わってゆきます。

 A全身の肌のきめ細やかさと弾力に富んだつややかさを取り戻します。

 B心と体の緊張をほぐし、氣や血液の流れをよくして健康の維持増進に役たちます。

 C転倒予防、骨粗鬆症の防止、呼吸・循環機能の改善、自律神経の機能改善、肥満の解消へ効果が期待できます。

  


       ―― 田代幸男先生 杉原秀治先生 田中美佐江先生が 同行しました ――    

             
      

   


 豊後竹田市の名士、病院関係者、議員関係者、教育関係者の多くが集まってくださいました。
 もと、久住町長で大分県市町村長会の会長の衛藤竜天先生はじめ、楊式太極拳に興味を持つ多くの方々の集合がありました。
 (大久保病院では既に数年前から長尾豊喜道長に指導を仰ぎ、楊式太極拳の講座を開いております。江藤前町長も数年の修行歴
 を持っております)


 事務局長の田代幸男先生の報告から;

 NPO法人のきらめっきーの大久保彰子理事長、堀田大理事、大久保病院の志賀紘一相談役、高橋英明本部統括部長
 衛藤徹三事務長らが総勢で応援に出てくださったそうです。
 また、手術を終えた大久保病院の大久保健作院長とも、夕方に会見できて、公開講座は無事成功したということです。




                  2009年9月9日(水) 多聞内神道 道長講演 から