多聞内神道HOME   →    合気道師範 千田務先生を励ます会

   長尾豊喜 先生 合気道師範、元、合気道養神館道場長 千田務先生を励ます会に出席

合気道養神館の千田務道場長の、退職祝賀会が、新宿京王プラザホテルにて、約400人が集まる中、熱気に
包まれて、開催された。多聞内神道総裁、 長尾豊喜 先生 は、長い親交もあって、激励に参加された。
「太極拳長江会 の会長 長尾豊喜 先生」 の時代からの交流。合気道養神館 館長だった故人 塩田剛三 老師と
親友関係にあった 長尾豊喜 先生が、千田務先生と、初めて会ったのは、 塩田剛三 老師の付き人として、新宿
料亭の「白川郷」に来られた時であった(昭和60年ー1985年)。

   合気道養神館 千田先生退職祝い
 向って右から、 山田英雄 元警察庁長官、 小野清子 元国家公安委員長、 坂本成 弁護士 で、4人目が、
 長尾豊喜 多聞内神道総裁。


 井上強一先生(元二代目合気道養神館館長、合気道師範9段、警視庁名誉最高師範)についで、合気道養神館
 の退職者となる、千田務先生。人望と、鍛えられた技に期待は大きい。
 長尾豊喜先生は「すべての景色と歴史の証明者が私だ。千田先生と、塩田剛三館長と、皇太子殿下の観道後の
 宴席を、新宿で楽しんだ夜を私は忘れないだろう」と語られる。
 合気道養神館という財団が、どこに行くのかは別にして、千田務という先生の美しさは、永遠であろうと願う、多聞
 内神道一門である。

              合気道養神館 千田先生退職祝い2

 向って、右から、 井上強一先生、山田英雄元警察庁長官、 千田務先生、 そして、 長尾豊喜 先生



   下写真: 小野清子 先生(元 国家公安委員長)と 長尾豊喜先生

                                  長尾豊喜 先生と 小野清子 先生

    「今度、筑波に来られますか?」
    「ええ――ぜひ!」
    と、おふたりの会話。
    


    会場には、安藤毎夫先生も来られていた。
    国技館演武会で、安藤毎夫先生の演武を行っていただいた。
   その映像を、黒澤映画祭に、多聞内神道武道とともに、小映画を作って出展した。
   「この映画を、世にだすのに、安藤先生、いいですな(無料で……とは心の中)」と、長尾豊喜先生。
    「ええ いいですよ」と安藤先生。 
    「これで、きまりだ。ここにおられる、小野清子先生が、証人だ」と、長尾豊喜先生。  

    

    

                    ――合気道も、内神道も、武道である――      

         
              2008/02/10(日) 京王プラザホテル 千田務先生を励ます会図