日本国
多聞内神道HOME   →    TAMON NAI-SHIN-DO PUBLIC ANNOUNCEMENT

  


 武道名
 

          内 神 道           
           ない しん どう       
 完成国
      

 源流国 
 【古代中国】
 中国殷国の易、中国周国の剣技、中国春秋時代の剣舞、
 中国魏・晋の時代の竹林の七賢人「静坐」の文化と清談 
 中国春秋時代の老子経、中国漢の国の剣の体系、中国 
 唐の国の哲学、楊戩(ようせん)の技、中国清国の楊禄
 禅(福魁)公の技等を源流とする

 【日本文化】
 日本国鎌倉、室町時代の能からの武士道文化、日本国
 茶道の和の武道文化、日本国の武士の書法、禅哲学から
 「理事不二」他の武道魂、日本国で独自に発展を遂げた
 「老子経」、「サムライ武将の静坐法と礼法」、日本国柳生
 の武技等を源流とする。 

 
 使用武器            刀、剣、棍、槍、弓

 太極拳技

       
       古代を発掘し現代に完成させた
       「
本流の楊式太極拳道」を伝える

 登 録  
 内神道    老子の武道  日本国楊家正統内神道功夫
 静坐の門  倭の心神内斂の剣(真剣)   多聞 内神道

   

 創始者
     日本国開祖;   長 尾 豊 喜
 組織名称
 内閣府認証――
                 たもんないしんどう
 世界武道文化法人 世界多聞内神道武道連盟


 文化哲学  
 「老子経」、「易経」、「武士道」、「老子の武道」、「太阿記」
 「多聞内神道奥義」、「般若心経」、「不動智神妙録」、
 「楊式太極拳」、「代表的日本人」、「荘子説剣篇」、「禅;
 碧厳録(活人剣)」他


                             
                                                           ENGLISH



               ● return